TOTOの東北支社長が来社

今日の夕方、TOTO㈱東北支社長の国分さんがアクアスに来社されました。TOTOの東北地方における総責任者である国分支社長が、わざわざ須賀川の小さなリフォーム店までいらっしゃったという事は、アクアスも実績を上げつつあるという事かも知れませんね。



写真の左から、占部郡山営業所長、国分支社長、私、小窪貴志です。

もっぱら話題に上がったのは『最近のお客様ニーズの動向』で、支社長さん自ら顧客接点に足を運び、市場の変化を皮膚感覚で感じ取ろうとされているのではないかと思いました。

せっかくお越し頂いたので、私も出来る限り「具体的なお客様の反応や声」をお伝えさせて頂きました。特に話題に上がって議論になったのが「ヒートショック対策や介護を前提とした浴室リフォーム」についてです。この件は、特に冬場に入ってから本当に多くのご相談を受けているテーマなんです。

そして、そのニーズに応えるには「メーカー製品のどういう点が良くて、どういう点を改良すべきなのか」「メーカー(TOTO)とリモデル店(アクアス)とで、どういう役割分担でお客様対応していくべきなのか」といった、まさに『協業体制』に関する話しにまで及び、国分支社長は、私が求めている価値伝達ツールを準備下さる事をお約束下さいました。

そして何より私が感心しましたのが、私の話した内容を、私のブログを印刷した用紙に書き込み、自分なりに翻訳して、着実に実行されようとしている仕事に対する姿勢です。下の写真のように、一生懸命に書き込みをされてました。



TOTOのような大きな会社になってしまうと、支社長クラスの方が顧客接点に足を運んで来るという事はほとんどない(実際、他のメーカーでは、担当者以外は来ません)のですが、国分支社長の言動から伝わって来るのが、TOTOが会社を上げて「全ての意識をお客様のために振り向けよう」という意気込みです。

メーカーもリフォーム店も、地域のお客様に対する時は、違う役割を背負った対等な者同士ですので、是非とも、緊密な協業体制を構築していきたいと思います。

アクアスも、これまで以上に、お客様からもメーカーさんからも必要とされる存在に近づいていきたいと強く感じました。国分さん、またのお越しを楽しみにお待ちしてます。その時には私からも、更に大きな成果(お客様の喜びの声)について、お話しさせて頂けるように頑張って参ります。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。