雪の日の情景 in 長松院

福島は寒い日が続いており、今朝は昨晩の雪が積もり、やっと融けたと思った地面がまた雪の下に消えてしまいました。度重なる雪掻きに「もう降るのはやめて!」という気持ちになっていたところだったのですが、山門の工事が終わったお蔭で、雪の日の楽しみが出来ました。それは「雪景色の山門を楽しめる」という事です。下の写真、いかがですか?

 

<表から見たもの>               <裏から見たもの>

私の写真の腕が悪いもので、実物はこれよりも遥かに良いのですが、大棟や平瓦の部分の曲線が本当に美しくなり、一般住宅の屋根工事に慣れきっている私には、その見事さが特に目につくんです。

そして、こういう情景を眺めながらだと、だんだん嫌になっていた雪掻きにも力が入り、あっという間に作業が進みました。

 

暖かい春が恋しい今日この頃ですが、山門の雪景色を眺めながら仕事が出来るんなら、雪もいいなという気持ちも生まれて来たから不思議なもんです。何事にも、マイナス面ばかりでなく、必ずいい事も付いて来るもんですね。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。