工事完了後の報告書

通常のリフォーム工事の際、これまでは日々のレポートとして、工事後に見えなくなる箇所の写真解説を加えて施主様にお渡ししていたのですが、工事が終わった後、施主様が振り返りとして見るには、バラバラの紙で持つ事になるため「保管が大変だな」と感じました。という事でこれからは、工事完了の報告を兼ねた資料として、このようなファイルにまとめ、お渡しする事としました。



実際の資料はパワーポイントにまとめているので、今回は48ページなんですが、ダイジェスト版として、A4の1ページに4枚の写真を掲載しました。勿論、パワーポイントのデータも、施主様にお渡しして、いつでも検索出来るようにしています。

中味は、こんな感じです。

 

 

この資料を作成するのは、結構な手間が掛かるのですが、それを上回る大きなメリットがあります。それは、次の通りです。

①工事から、ある程度の日数をおいてお届けするため、実際に使用してみての感想と、工事の良し悪しに関する冷静なご意見が聴ける。(リフォーム工事直後だと、新しくなった事によって、いい話ししか聴けない傾向があります。今後のためには、良かった事よりも「不満足だった点」をお聴きする事の方が、より重要です。ご不満点は、小さなものであっても、早めに潰しておく必要があります。)

②工事が終わってから、プロセスも含めた再説明をする事によって、誤解が解消されるし、より深い理解もして頂ける。(私達は日々報告したつもりでも、断片的な情報なので、正確に受け留められていない可能性がある。)

③1つのファイルにまとめてお渡しするので、ご家族全員で共通認識して頂ける。(遠方にいらっしゃるご家族も含めて。)

④施主様が知人にお話しする際の説明資料として、そのまま、ご使用頂ける。

ここまで情報をオープンにして残しておけば、我々も逃げる事が出来ませんが、真面目にやっていれば、それだけ信頼を得る事も出来ます。

アフターサービスも兼ねて、次のお仕事に繋げていくためにも、全ての情報をオープンにし、手の掛かる資料作りをやっていく事が重要ではないかと思います。お伝えする努力が必要ですね。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。