大分の名物

今日まで数日の間、私の知人が九州旅行に行って来て、先ほど、須賀川に戻って来ました。私からは、観光スポットをいくつか教えただけで、名産品の話しは何もしていなかったのですが、地元の人でないと知らないようなものを買って来て下さったのには、驚きました。

まずはこれです。何だかお分かりですか?私の実家のある宇佐では『ねぎ焼き』という名称で有名なんです。

 

以前、一村一品運動で有名になった平松知事の在任中、宇佐市の特産品の一つとしてねぎがあったんですが、それを近年、私の知人で地元ではねぎ農家として有名な大窪勉さんが、宇佐の名物になるまでに育て上げたものなんです。まさか、須賀川でこれを食べる事になるとは、思ってもいませんでした。

そしてこれです。



大分県北部地域が、日本で最も鶏肉の消費量が多いというのは、ケンミンショーで取り上げられて有名になって来ましたが、とり天については、まだあまり知られていないと思います。これは間違いなく、B級グルメとして、近いうちにブレイクします。

もし、大分に旅行される方がいらっしゃいましたら、私がとっておきのとり天の美味しいお店をご紹介致しますので、お声掛け下さい。

そしてこちら。カボスゆず胡椒です。この二つは、有名ですよね。

 

今日は、懐かしいお土産に触れました。実はまだまだ、大分県には知られていない美味しいもの・美味しいお店がたくさんあります。私が、福島県駐在の大分県観光大使として、地元の人しか知らないものをご紹介させて頂きますので、何なりとご連絡下さい。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。