省エネ補助金

日本経済再生に向けてのアベノミクスが注目され、成果が認識されて来つつあります。その中でも3つの基本方針が3本の矢:「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」として表明されています。24年度末が迫った2月下旬の補正予算で、3本の矢の財政出動施策として「住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業(省エネ補助金)」が予算化され、施行されました。

 

<画像をクリックすると、拡大して見れます>

この事業を簡単にご紹介すると『「断熱+高効率給湯機等の設備改修+バリアフリー改修」の工事費に対する3分の1の額を、最大75(万円/世帯)を上限として補助する』というものです。細かく言えば、これ以外にもいくつかの制約があるのですが、この事業をアクアスのようなリフォーム会社が自社の省エネ事業として申請して国の認定を受けた場合に、補助金を受けられるというものです。

そしてアクアスの工事決定分として申請させて頂いた4件で、決定通知が届きました。



補助金事業は、省エネリフォームに向けて背中を押す施策ではあるのですが「補助事業があるからリフォームをしましょう」という事ではないと考えています。しかし、国が考えるような施策に沿ったリフォーム工事を考えられている方には、補助金を受給する事によって、リフォーム工事の質を充実させるためにも、アクアスでは出来る限りのご協力をさせて頂いています。

5月中旬には、25年度予算が可決される予定で、その時は、今回の対象工事にプラスして、耐震工事も対象になる予定だそうです。アクアスのお客様でも、既に数件の見込み案件がございますので、予算可決を待って、早々に検討をさせて頂くつもりです。ご検討中の方がいらっしゃいましたら、安部までお申し出下さい。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。