住職様の気持ちが届く施工

先日、長松院さんの庫裡に設置させて頂いた屋外手すりが好評だったようで、大悲殿の玄関と渡り廊下前にも施工させて頂きました。特に良かったポイントは「手すりの端の部分が出っ張っていないため、袖が引っ掛からないので安全だ」という事のようです。こんな感じで、施工してます。

 

<玄関>                    <渡り廊下>

石への施工ですので、4本ビス固定にしています。8本まで留められるのですが、そうすると石が割れてしまうので、かえってこの方が強度が確保されるという判断です。



現在、座禅堂が工事中なのですが、その「工事完了後に、裏手の長い階段にも設置してほしい」というご依頼を頂いています。長松院さんには、お檀家さんだけでなく俳句を趣味にされている方や奥の細道散策にいらっしゃる方も多いので「皆さんに使いやすいように」という住職さんのご判断なんだと思います。我々も、訪れる全ての人が、住職さんの思いやりの気持ちをシッカリと受け留めて頂けるよう、施工には細心の注意を払うように心掛けないといけないなと改めて思いました。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。