床下調査

先日「羽アリが出た」という事でご相談のあったお客様宅へ、白アリ専門業者の草野さん、及び湿気問題のプロ:山本太郎氏に同行頂き、被害状況の調査とこれまでの診断結果のお話しに行って参りました。

まずは、床下に潜って調査して下さった白アリ専門業者:草野さんの登場です。



毎度の事ながら、狭くて埃だらけの床下に潜って調査して下さいました。残念ながら、床下のあちこちに蟻道(ぎどう)があったようで、床下に落ちていた、白アリが喰ったと思しき木片を取って来て下さいました。



小さくて見えづらいのですが、今でもここに白アリの姿が見えます。

 

そして、床下にいる白アリの種類(ヤマトシロアリ)や生態、それから「どのように喰っていったのか」という事を、写真も含めた現場の事実で「どの場所がどのように喰われ、それぞれの箇所について、どういう対応をすべきか」といった観点から、懇切丁寧に説明して下さいました。

 



<上の写真は、地面に落ちていた白アリの羽根。この形状で種類が特定出来ます>

そしてもうおひとかたが、湿気問題のプロ:山本太郎氏です。山本さんからは、4月中旬から5月上旬にかけての1ヶ月間の床下環境調査データを踏まえ、ご説明頂きました。このようなグラフやデータにして、分かりやすく説明して下さいます。

 



ここでは詳細については触れませんが、このデータを読み取れば、例えば「床下の温湿度環境は、外気の変化と全く連動しておらず、そもそも換気口が全く機能していない」という事も分かって来ました。

そして山本太郎氏は、全国各地の床下データを持っていて「それぞれの対策によって、どのように数字が変わって問題が解決したのか」という事も検証しています。ですから「現状の湿気に病んだ床下も、こうすればこんな結果になって、問題が解決されます」という説明をして下さいます。こういう事実の積み重ねは、施主様にとっても信頼の根拠になるし、安心してお任せ下さるようになって来ます。

という事で、これからは「床下環境の改善も含めた、リフォームプランの作成」に入って来ますので、ここからはアクアスのメイン業務です。今月中には工事着手出来るよう、頑張って推進して参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。