青森でオススメの温泉

今日は、青森県で発見した、とっておきの温泉をご紹介します。場所は、東北町にある「ほとけ沢温泉」の『東龍館(とうりゅうかん)』という温泉旅館です。鉄道の駅で言えば、青い森鉄道の青森と八戸の中間辺りに位置する乙供駅から徒歩5分程度の場所になります。

この看板が目印です。(夜でしたので、綺麗には写りませんでした)



浴場への入口はこんな感じで、



浴槽には青森ヒバが使用されていますので、浴室に入った時のほのかな香りが堪らなくいいです。



浴槽はこんな感じで、右側の狭い方が若干熱くなっており、もっと熱くしたい方のために、熱めの湯を足す事も出来るようになってます。



ここの温泉の特徴は、源泉かけ流しで37℃という低い温度なので、長時間浸かっていられるという事です。私も一時間以上浸かったままでしたので、体全体が活性化されたような感じがします。特に朝風呂は、お湯も綺麗になってるし、気持ち良かったですね。

おかみさんに話しを聞いてみますと、ご自身も背骨が悪かったのが治ったそうで、私と同行した人も、長時間の運転で足の痛みがあったそうなのですが、すっかり良くなったと喜んでました。

洗い場はこんな感じです。床の青森ヒバの隙間から排水されるようになっており、この点も情緒を感じます。



水栓やシャワーから出て来るお湯も全て、源泉から取り出してました。水勢も結構強いので、使いやすいです。

泉質は炭酸泉が少し入っているようで、皮膚の表面に泡立った感じがして来ます。お風呂上りには肌がスベスベになりますので、女性の方には良いのではないでしょうか?

ただしこちらの温泉には、宿泊者しか入れませんので、泊まりでご利用される様にお願いします。個室の洋室も和室もあって、素泊まりで一人4000円ですので、かなりお得ではないかと思います。私達は素泊まりでしたが、1泊2食付でも6000円ですので、泉質の良さとゆったり出来る点を考慮すれば、かなりリーズナブルだと思います。

温泉好きの方は、是非、ご利用されてみて下さい。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。