座禅堂の基礎工事

先日、長松院さん座禅堂のジャッキアップ工事の様子をアップさせて頂きましたが、工事はその後も順調に進み、いよいよ耐圧盤を作る段階になって来ました。今日は、見えなくなる基礎の部分について、ご紹介させて頂きます。

東日本大震災では、長松院さんの被害が最も大きかったのは座禅堂で、一部をご紹介しますと、こんな感じでした。まずは、基礎の傷みです。

 

犬走りも、こんな感じでした。

 

裏手のドアも、押されて傾いてました。



これらの写真を見ればお分かりの通り、南側に向けて開きながら沈んでしまった訳です。

かなり被害を受けてましたので、対策もシッカリと打たなければなりません。今回は、南側の屋内と屋外に鋼管杭を打ち込み、

 

それをブリッジ状に支える形でH鋼の地中梁を施工しました。

 

ここに配筋して、

 

コンクリで固めます。

 

この時、勿論、源右エ門さん得意のジャッキアップによる不陸調整工事が入ります。

 

そしてこの上に、二重配筋耐圧盤(ベタ基礎)を作る工事に入っていきます。今日のところは、配筋までで終了です。

 

 

ここまで強固な基礎工事をしていれば、再び大きな地震が来ても、被害は最小限に食い止められるものと考えてます。

明日から耐圧盤の生コンが入りますので、基礎固めも間もなく完了します。ドンドン良くなって来てる事を実感出来るので、充実感がありますよね。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。