白アリの分布

毎年この時期になると決まって被害が出るのが白アリですよね。5月下旬から6月にかけて、最も活動が活発になって来るようです。アクアスに対しても、被害の報告と対応のご依頼が来ております。そして、実際の防蟻(ぼうぎ)処理を行う専門の白アリ業者の事務所に行くと、全国の白アリ分布図がありましたので、ご紹介させて頂きます。

私のイメージでは、白アリが多いのは高温多湿な地域だと思ってましたので、最初は正直「東北にも白アリがいるんだ」と驚いた記憶があります。そして「いたとしてもせいぜい宮城県までかな?さすがに北海道にはいないだろう」と思っていたら、実はヤマトシロアリは既に、北海道の東部と最北部を除く、日本列島のほぼ全域に生息していたんですね。(下の写真の右側の分布図、黄色い部分が生息地域です)



それからもう一つ、全く個人的な話しになって来ますが、私の自宅のある北九州には、この地域特有の「カンモンシロアリ」というのがいたんですね。私は知りませんでした。



今度、近所の人にも「そんなのがいるって、知ってました?」と聞いてみたいと思います。以前は、こんなに広く分布していなかったと思うのですが、白アリの勢力拡大の勢いには、すさまじいものがありますね。

アクアスにご依頼下さったお客様は、床下の湿気に随分悩まれていて「今回のリフォームでは、床下の湿気対策を第一に考えてほしい」と仰られてます。白アリが発生する原因は『適切な床下の湿気対策が施されていない』という事です。従って今回は、床下の温湿度環境を実測し、床下調湿材を活用する等、床下の温湿度環境を整える事により、湿気問題に終止符を打てるような提案をさせて頂きたいと考えています。

リフォーム工事と言えば、どうしても「水廻りや建屋自体の工事」の事を考えてしまいます。しかしより重要なのは、足元の基礎や土台、そしてそれらを守る温湿度環境です。アクアスでは、そういったベースになる部分に力を入れ、長く安心して生活出来るリフォーム工事を心掛けていきたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。