源右エ門さんが、引き上げます

東日本大震災が発生した直後より、はるばる名古屋から復旧工事のために須賀川に長期滞在して下さっていた五代目源右エ門の皆さん。長松院さんの座禅堂ジャッキアップ工事が完了しましたので、アクアスの裏手に常備していたコンテナ倉庫を引き上げ、寝具等も持ち帰り、一旦は須賀川から引き上げる事となりました。

 

そしてアクアス事務所にも、四代目・五代目が揃って挨拶にいらっしゃいました。

 

思い起こせば東日本大震災が発生以来、五代目源右エ門の皆さんは、アクアスでは対応出来ないような、家が大きく傾いたり、地盤が開いてしまったりしている難工事を次々とこなしてくれ、本当に助かりました。須賀川市だけでも工事件数は50件を超えてますので、彼らに助けられた人達は、本当に多いんです。

とは言え、須賀川での仕事が全くなくなったという訳ではなく、若干の検討案件が残されていますので、まだ数ヶ月は須賀川で活躍して頂く事になります。そしてこれからも、再び大きな地震が来た場合には、出動頂かなければならない事態になる可能性もありますので、引き続き、須賀川の事を気に留めて頂きたいと思います。

源右エ門さんとの協業作業は、震災被害という特殊ニーズの中で見出したベストソリューションだったと思います。日本は地震国であり、いつどこで発生してもおかしくない状況にあります。そして被災地では、全国の皆さんや行政から多大なご支援を賜って参りました。これからはそのお返しという意味合いも含め、我々の活動事例をまとめておき、必要になった場合には、ノウハウも含めてこちらから支援に出向かなければならないと感じております。

源右エ門さんとアクアスとの協業は、須賀川の方々から多くの支持を受けましたので、もしもの場合にはそれを、水平展開出来る準備だけはしておく事が我々の使命ではないかと考えています。

五代目源右エ門の皆さん。長期に渡る滞在、誠に有り難うございました。これからも、須賀川の守り神として、宜しくお願いします。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。