安請け合いしたものの・・・

工事する際には、キッチリと調べないといけませんよね。「渡り廊下の屋根に張っている波板を張り替えて下さい」と言われましたので「お易いご用です。一日で終わりますよ。」と安請け合いしたものの、いざ解体してみると、思わぬ不具合を発見してしまいました。

工事前はこの通り、特段、気にする事はなかったのですが、



波板を剥がしてみると、何やら思いもよらないものが見えて来ました。



屋根を支える鉄骨が曲がってますね。アップで見てみると、こんな感じでした。



強度を持たせるため、コの字型に曲げた部分が折れ曲がってしまい、錆び付いてしまってます。こんなになるという事は多分、震災の時に瓦が落ちて来て、その時の衝撃で折れ曲がってしまったものと推察出来ます。これは、強度面を考えても、取り換えないといけないなと思って外してみますと、こんなに曲がってました。

 

早速、鍛冶屋さんに持っていき、新しい材料で作ってもらう事にしました。当然、一日で終わる仕事ではありませんでした。

軽はずみな回答をし、解体した後「直せませんでした」という事になると、大変です。「仕事を受ける時には十分な確認をしなさい」という天からの声と受け留め、対応させて頂きたいと思います。私もちょっと、気の緩みが出てるのかも知れないですね。反省です。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。