猫命救助?

地域密着で「住まいのお困り事は、何でもご相談下さい」という情報発信をしていると、思わぬご依頼が舞い込んで来るものです。昨日の夕方ですが「天井裏に猫が生まれたみたいで鳴いてるのが聞こえるので、取り出して侵入穴を塞いでほしい」というご依頼を頂きました。先日も、同じようなご依頼を受けたので「同じような対応になるのかな?」と思って行ってみたら、意外な状況でした。

鳴き声のする辺りは天井裏が狭かったので、近くの天井板を外して覗いてみると、



親猫の姿を発見。しかし、こちらを襲って来る様子はなく、逃げて行きました。子猫も連れて逃げたのかな?と思って探してみると、姿は見えなくても子猫の鳴き声は相変わらず聞こえて来ます。

「一体、どこにいるんだ?」という事で全体を探してみても、見つかりません。



「親猫が逃げて行ったけど鳴き声だけがするという事は、穴に落ち込んでないですか?」という事で探ってみたら、小さな隙間の穴の中に子猫を発見しました。



そこが狭くてかなり深かったため、親猫も救出出来なかったんだと思います。救出には苦労しましたが、上からタオルを下げて爪を引っ掛け、何とか引き上げる事に成功しました。目が真ん丸で可愛い猫ちゃんが出て来ました。



3日間、飲まず食わずだったので、牛乳をあげたら一生懸命に飲んでました。



飼い猫ではないのですが、ご依頼主の家族の方々とも、協力して救出出来たし、良かったと思います。リフォームの仕事とは関係ないのですが「住まいのお困り事を解決します」と言ってると、こんな話しも舞い込んで来ますよね?何にしても、解決して良かったです。人命救助ではなく『猫命救助』のお仕事でした。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。