エクセルギーハウス

今日は、MPパウダーの伝道師:山本太郎さんからのご紹介で、東京の小金井市にて『エクセルギー』という考え方を提唱し、それを家作りに活かそうという取り組みをされている建築家:黒岩哲彦先生の講習会に参加させて頂きました。この方が黒岩先生です。

 

エクセルギーとは、元々は物理学で生まれて来た用語であり、難しい言葉で言えば「ある系から力学的な仕事として取り出せるエネルギー」という事になります。これを、私達の住まい作りに活かせるレベルにまで噛み砕いて表現すれば「身近なところから、放っておくと散らかっていく力を組み合わせて、エネルギーを節約していくという考え方」だと私は理解しました。そして物理学で言う「エネルギー保存の法則」と併せて「省エネ」を再定義すると「エネルギーを節約する事は無意味であり、省エネとは、利用可能なエネルギーを節約する事である」という事になります。

この考え方に従うと、例えば、原子力発電に関しても「原子力発電所で熱エネルギーを電気エネルギーに変換し、それを更に家庭に持ち込んで熱エネルギーに変換して冷暖房するのは、非効率である」という事になります。熱エネルギーは、熱エネルギーのまま使用するのが、エクセルギーの考え方なんです。実はこの考え方は、私がMPパウダー(珪藻土)をおススメする際に説明している「お風呂のお湯を沸かすために使ったガスのエネルギーを、電気エネルギーによる換気扇で屋外に捨てるのではなく、せっかく、ガスで沸かした熱エネルギーは脱衣場のMPパウダーの壁に吸わせ、室内の調湿による省エネに活用しましょう」という考え方と全く符合します。私がこれまで「省エネ」という言葉を使って来たのですが、厳密に言えば「省エクセルギー」という事になるんですね。

しかし、この言葉はまだ一般的にはなっていませんので、暫くの間、私の中で温めておきつつ、リフォーム提案の中では取り入れて参りたいと思います。

エクセルギーという言葉は、これからの国土交通省の施策にも活かされて来ると思いますので、リフォームですぐに使えるケースは少ないと思いますが、考え方については実際のリフォームの中に活かして参りたいと思います。

関心のある方は、こちらのホームページを参照下さい。

http://www.exergyhouse.net/

今日はむし暑い真夏日でしたので、エクセルギーハウスでの「冷房なしで過ごせる快適さ」を体感出来ました。皆さんも、小金井に行く機会があれば、ここを訪ねてみると、面白いと思います。今は、東京都が運営しているようです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。