松明あかしの準備が着々と

アクアスの目の前にある五老山では、来週の土曜に、420余年続いている須賀川の伝統行事:松明あかしが開催されます。そのため、翠ヶ丘公園一帯では、朝からその準備が賑やかに行われていました。今日はその様子を、簡単にレポートさせて頂きます。

翠ヶ丘公園正面口辺りは、このように「松明あかし」の幟が多数出ていますので、車で通り掛かられた方は、すぐにお分かり頂けると思います。



そのすぐ右側辺りが特設ステージの作られているメイン会場で、今日は朝からずっと、和太鼓の音が鳴り響いてます。

 



そして、以前は目にしなかった風景なんですが、学ラン姿の女子高生が増えて来ているようです。私が学生の頃は、応援団というと『男』というイメージしかなかったのですが、最近では女性の応援団長も出て来ているようで、松明あかしでもそういった姿が見れそうです。女性の学ラン姿って、結構カッコイイですね。

 

山頂辺りに行くと、松明を立てる作業が着々と進められていました。

 

震災後は、開催も危ぶまれていた松明あかしですが、全国の多くの方からの応援によって、無事、開催出来ています。そういったご支援への御礼メッセージも書かれてます。



会場には、こんな感じで松明が並び始めてます。



アクアスの社長が中心になって作った松明も、立っていましたよ。

 

これからもたくさんの松明が立てられ、11月9日のお祭り当日まで準備が進められていきます。お祭り当日は、アクアスでも水彩カフェをオープンしてますし、店舗前ではお店も出店しますので、松明あかしにいらっしゃる方は、是非、お立ち寄り下さい。

最後に余談ですが、昨日のマメタイムスに、小窪貴志が幟を立ててる様子が、一面TOPの写真に出てましたので、アップさせて頂きます。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。