***シュタイナー講座「金星と火星」***

シュタイナー建築家 岩橋亜希菜さんが伝える



 

 

 

 

「金星と火星」
地球に住む私たちは様々なものと関わって生きています。
地球の大地、大気、植物、動物など等。これら、私たち人間を取り囲む存在を「環境」と呼びますが、この地球の環境を覆うさらに大きな環境が惑星と言うシンボルを介して私たち地球存在を覆い、目に見えないけれども大きな影響を与えています。言わば惑星の大気の中で私たちは生きていると言っても過言ではありません。その様な惑星の影は私たちの身体の中に、地球の様々な存在の中にも見出せます。


今回は金星と火星の話を中心に、宇宙と人との関係を考えます。宇宙の、そして惑星や獣帯の息吹が私たちの身体にそして地球にもあ有、その大きな環境の中で私たちは生かされているような思いを持ちます。

2019年6月14日(金)
時間:18時30分~20時30分
会場:Suisai cafe 2階
参加費:¥2,500(税込)
※セミナーの後 食事会あります。(希望者の方)
食事会費:¥1,200(お食事、ドリンク、ちょこっとケーキ付)

岩橋明菜さんプロフィール
東京都出身 芝浦工業大学工学部建築学科卒業
1989年~90年度国際ロータリー財団奨学生としてアントロポゾフィーの芸術大学、アラーヌス造形芸術大学建築科(ドイツ・ボン=アルフター)に留学。シュタイナーの理論とこれを基にした芸術論、建築を学ぶ。1991年10月卒業Diplom取得。在学中より当大学教授の画家・建築家のFrank-rudigerHildebrandt氏に師事しFreieWalodorfSchuleHeidelberg 第3&4期工事等の設計を担当する等、3つのシュタイナー学校の設計に従事。1992年帰国。1993年~2002年東海大学工学部建築科上松研究室助手として設計研究に従事。1993年~1998年中央工学校兼任講師(担当:設計製図&芸術系特別講義)。2003年独立。2007年~2015年シュタイナー学園高等部(藤野)12年生「建築史」講師担当。2013年6月シュタイナーの影響を受けた現代の建築家15名の展覧会(ベルリン)に召聘・出展。
作品(2010年以降)
2014.03Wilbelwasser N+O邸様改修工事 心理療法室(大阪府交野市)
2014.08森の風学園心理療法棟 Klinik Magnoria 設計・監理(福島県石川郡)
2015.04すみれが丘プロジェクト新築工事 自由診療部設計・監理女性外来設計・監理+全体設計監修(自由診療 女性外来 サ高住:横浜市都筑区)
2017.07(仮称)認定こども園りのひら新築工事 設計・監理(木造平階 福島県須賀川市)
2018.06(仮称)第2大麻こども園新築工事設計・監理(北海道江別市)

参加お申込みはSuisaicafeまでお電話又はfecebookメールにてお問い合わせください。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Comments will be closed on 2019年5月26日.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください