園長だより

プリムラ保育園さんでは、定期的に手作りの通信を発行されているようで、今回の通信には、8月23日に開催させて頂きました「園児達に、ジャッキで実際に建物を上げてもらおう」というイベントの事、それから五代目源右エ門さんの事が書かれてましたので、ご紹介させて頂きます。

ご紹介されているのは『園長だより』の欄です。



具体的に、記載されている箇所を添付させて頂きます。



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

ちょっと見えづらいかも知れませんので、以下、転記させて頂きます。

プリムラ保育園のそよかぜの部屋(もりさん使用)が地震の影響で13㎝下がり、その傾きを直す工事を、名古屋で曳き屋をなさっている(有)五代目源右エ門さんにお願いしました。五代目源右エ門さんは、京都や鎌倉などの文化財の仕事をなさっている素晴らしい職人さんです。阪神大震災でも活動なされたそうなのですが、今回の東日本大震災でも、傾いている家・蔵などを心配して名古屋から通ってくださっております。「大きな機械は使わず、全て手作業でやるので、お子様方は普通に生活していて大丈夫です」と聞いてびっくりでした。めったにない工事なので、こども達にもその様子を見せたいとお話しすると、(株)アクアスさんのご協力のもと、お子様用のヘルメット・軍手・傾きを見せる為の犬小屋とジャッキをご用意くださり、プリムラ保育園を水平に戻す方法や、テラスの柱のジャッキアップなど、お子様方にとって興味津々で心に残る体験をさせて頂きました。

以上の通り、ご紹介されております。

今回の五代目源右エ門さんの取り組みについて、適確にご紹介下さっている事に、感謝申し上げます。五代目源右エ門さんやアクアスは、住まいに関する工事でしか復興のお手伝いは出来ないのですが、これからも引き続き、福島や須賀川を少しでも明るくしていけるよう、精一杯取り組んで参ります。

同じ仕事をするにしても、プリムラ保育園の熊田園長先生のように、我々の『心』の部分をご理解頂けると、更にパワーが増して来ます。これからも、お客様とその周囲の方々に、今まで以上の満足と喜びを与えていけます様、頑張ります!

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。