住宅応急修理

震災による被害で、住まいの修理が必要になった場合、半壊以上の罹災認定を受けられた方には『住宅応急修理』という制度がご利用になれます。この制度を利用されますと、税込52万円までの工事金額について、補助を受けられるというものです。

アクアスでも、かなりの件数を受けてまして、担当は安部が一括して行っております。



須賀川市の案内資料に、具体的な提出資料と注意事項が書かれてます。

 

初めての方にとりましては、結構、手続きがややこしいので、この制度を受けられる方には、安部が代行手続きをさせて頂いてます。

施工前・施工中・施工後に分け、このような写真を添付した資料の作成も必要になります。



52万円あれば、部分的な傾きを直す程度の工事も出来ますし、件数として多いのは、外壁や基礎の補修工事です。

震災被害による工事は、リフォーム工事の場合と違って、いきなり必要になって来たものですから、予算が立てられないケースがほとんどです。国も他地域の方々も、被災地を支援しようと様々な支援策を講じて下さってます。こういう制度を活用する事で、負担を軽減させる事は、施策の目的にも合致してますので、アクアスとしても、出来る限りのお手伝いをさせて頂きます。しかしこの制度も、間もなく締め切られてしまうと聞いております。半壊以上の罹災認定を受けられて、住宅応急修理の制度をご利用になられていない方は、是非、アクアスまでご相談下さい。きっと、お役に立てる事と思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。