猪苗代の工事、一旦終了

会津地方は雪が積もっていて、猪苗代の浅井様邸の酒蔵曳き工事も職人さんにとっては作業がやりづらい状況だったのですが、源右エ門さんの職人さんの尽力により、予定通りの日程でブルーシートを張り、年内に予定していた工事を完了できるところまで漕ぎ付けました。

猪苗代に向かう車中からは、リステルのスキー場に雪が積もって来た様子が目に入って来ました。



浅井様邸の蔵も、新しい基礎にキッチリと納まってます。

 



工事前までにあった場所はここなんですが、移動してしまった今から見れば、それが嘘のようです。



今になってみれば、移動先の場所が、最もしっくり来るように思えて来ます。



全面にブルーシート張りの養生をし、暖かくなる春を待ってからの工事の再開となります。来年7月の完成が、本当に楽しみです。

帰り際に立ち寄りました浅井様邸の応接室には、このように蔵を回転してる時の写真が飾られてました。



源右エ門さんの皆さんが、大量の番木を名古屋から持って来て下さり、苦労して回転させた時の事は、浅井様にとりましても良き思い出になっている様です。このような工事に関われてる事は、施工業者である我々にとっても、本当に大きな喜びなんです。

良き思い出になるような工事に関われた事に感謝です。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。