故郷に捧げる叫び

2011年12月31日のNHK紅白歌合戦で、福島県民が最も注目したのは『猪苗代湖ズ』ではないでしょうか?視聴者にも多くの感動を与えたようで、出演後から次々にインターネット上で話題になっており、出演から1時間後にはYahooのトピックスにも登場してます。(右下写真の下から3行目です)

 

インターネットの画面をデジカメで写したので見えづらいですが、画像をクリックすると拡大して見れます。

これをクリックすれば、左上の画面にリンクします。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/j_rock_and_pops/?1325337269

12月1日付の私のブログにも掲載してますので、こちらもクリックしてご覧下さい。

http://suisai-cafe.com/archives/4178

彼らのステージは3分程度の短い時間でしたが、歌の最後の「ふくしま!ふくしま!」というコールには舞台裏からも拍手が沸き起こり、モニターの前には人だかりが出来たそうです。

私は今、北九州にいますので、猪苗代湖ズの方々が「福島の事を忘れないで」と仰っている事が本当に良く分かります。福島県にいると、原発や放射能の情報がタイムリーに入って来るのですが、福島から離れると現地の情報がほとんど入らないので「原発の問題は、もう解決したんでしょ?」という気持ちになってしまうんです。

そういう意味でも、3分間という短時間でしたが、福島県民を代表して素晴らしいステージを披露してくれたと思います。これから数日で、視聴率の数字や反響がマスコミを通じて報道されて来ると思いますので、注目していきたいです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。