天外塾のスペシャルゲスト

今日は、私が毎月東京に通っている天外塾第四講が開催されました。そして驚いた事に、横浜DeNAベイスターズ 内野守備走塁コーチの白井一幸さんがスペシャルゲストとしてお越し下さいました。

白井一幸さんと言えば、選手としては「545回守備機会連続無失策という二塁手としてのパ・リーグ記録保持者」として有名なのですが、それ以上に白井さんの評価を高めているのは「お荷物球団と言われていた日本ハムファイターズを日本一に導いた陰の立役者」としてです。

ヒルマン監督の右腕として活躍された事は有名ですが、それまでの間、二軍監督として若手の育成に成果を上げて来られました。

白井さんが取り組んで来られた事、それは従来から現在まで、プロ野球界に染みついている「常識との闘い」でした。どういった常識かと申しますと、特に指導者の問題として、①失敗したら怒る、②失敗の原因を教える、③猛練習をやらせる、という3つの事によって強いチーム作りが出来るという事です。これらは脅し(おどし)とセットにもなってます。それに対して白井さんは、失敗した時に励まし続ける事に努められ、どうすれば良くなるかを自分で考えさせました。その一方で、下を向いたり元気のない事は許さなかったそうです。具体的には例えば、全力疾走のような「出来る事を精一杯やっていない」事には断固たる姿勢で向き合う姿勢をチーム内に植え付けていかれたそうです。それによって、1年目は最下位で成果が出なかったのですが、2年目以降に成果が出始めたそうです。その成果を一軍で実現するために、同じ考え方で取り組んで来られていたヒルマン監督を招聘され、自らはヘッドコーチに就任されました。そして、全員の全ての行動指針を「日本一に向けての取り組みになっているか」という1点に収束させ、チーム全体のために「やるべき事」を優先させ、自分が「やりたい事」を優先させる考え方を排除していかれたそうです。

その結果、2006年には見事、日本一に輝いて、今の強いファイターズを作り上げられました。

約1時間半に渡って、お話しと質疑応答をしてくださいましたので、その内容に関して興味のある方は、私までお声掛け下さい。

私から白井さんに対し「福島県で公式戦を開催される際には、仲間を連れて球場まで応援に行きます」というお約束をさせて頂きました。矢吹町のスターである中畑さんが監督ですので、須賀川の方々もたくさん行かれると思いますし、スタンドはきっと一杯になる事でしょう。

白井さんのオフィシャルブログは、こちらです。

http://shirai90.ashita-sanuki.jp/

最後に、天外先生と白井さん、それに私の3ショットをご紹介させて頂きます。



(右側が白井さん、中央が天外先生、左側が私です)

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。