お祭り前

1月30日(月)が旧暦で最初の寅(とら)の日に当たりますので、須賀川で恒例の伝統行事『長松院 初寅大祭』が開催されます。正式名称は「毘沙門尊天 初寅大祭」といいます。今日たまたま、長松院さん(田中証道住職)にお伺いする機会がありましたので、準備の様子を確認して参りました。

 

境内を歩いてみると雪は残ってましたが、そういう事には関係なく、準備は着々と進んでました。

 

お祭りは、29日(日)から30日(月)にかけ、縁起物や食べ物の露店が境内と加治町通りに並んで、夜通し賑わいます。

30日(月)の10時には、京都清水寺の森清範貫主による読経が行われ、読経終了後にはご高話を拝聴出来るそうです。田中住職様に確認してみますと「11時頃に来て頂ければ、大丈夫です」との事でした。私も初めてのお祭りですが、日常の身近にこういったお祭りが開催される事にワクワクして来ます。

須賀川の皆さんにとりましても震災後最初の初寅大祭ですので、特別な思いを共有しつつ、楽しませて頂きたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。