白河そば

白河と言えば「白河ラーメン」というイメージを私は持っていたのですが、アクアスがお世話になってます、白河出身の和泉様から「白河で一番美味しいのは、実はラーメンではなく蕎麦なんですよ」というお話しを伺いましたので、工事の関係で訪問するついでに、江戸時代から200年以上の歴史を誇る『藤駒本店』さんに行って参りました。

 

白河は実は「日本4大そば処」に数えられているそうで、その起源は寛政の改革で有名な、松平定信公の時代にまで遡るそうです。ちなみに、白河以外の3つのそば処は「信州戸隠れそば」「出雲そば」「花巻わんこそば」です。

店内には、紀宮様が訪れた時の写真も飾られてました。



(写真が小さくて見えづらいかも知れませんが、写真をクリックすると拡大して見れます)

今日は、源右エ門さんの水野さん、アクアスの小窪貴志、それから私の3名で訪問しました。

水野さんは、力(ちから)そばを。

 

小窪貴志は、天丼ランチを。

 

私は、藤駒さんの名物『合盛割子そば』を注文しました。

 

ちょっと太めの麺が舌触りも良く、手作り感あふれる上品な味わいでした。多分、化学調味料は、ほとんど使われていないのではないかと思います。

このように、綺麗に平らげてしまいました。

 

これまで縁の薄かった白河ですが、これからは蕎麦を食べる事を楽しみに、時々、訪れてみたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。