常識の変化

私が福島県に住むようになって1年が経過し「常識が変わって来たな」と思う事が出て参りました。今日、インターネットのYahooニュースで、このような記事がトピックスに掲載されました。



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

画面では左端の方が切れてしまってますが「福岡市で積雪2センチ 福岡都市高速など一時通行止め」というタイトルでした。私が大分や北九州に住んでた時には「2センチも積ったら、車が動けなくなるな」と思っていたのですが、須賀川での生活に慣れて来て10センチ以上の積雪でも平気で運転するようになった今では「2センチの積雪なんて、積もったうちには入らないだろ!」と思うようになりました。今から思い起こせば、スタッドレスタイヤに変える習慣がない九州地方では、道路が雪で薄っすらと白くなっただけでも、あちこちで車同士がぶつかったり、道路を塞いだりします。そうなると、予想が付くと思いますが、交通渋滞ですね。雪の時だけは、交通がマヒしますので、会社も休みになります。須賀川の人からすれば「何と根性のない・・・」と思われるかも知れませんが、九州人の名誉のために申し上げますと、台風には滅法強いんです。台風が直撃した時でも、普通に会社で仕事をしてましたからね。

これも全て『慣れ』なんだと思います。

慣れと言えば、今日発生した2回の地震も、見事に「震度3」と「震度1」を的中させました。私に限らず、福島のほとんどの人達は、地震が発生した瞬間に震度を適確に当てる事が出来ますよね?

雪は、生活の中で克服しなければならない事なので、常識の変化も必要なんですが、震度を言い当てる常識の変化は、喜ばしいものではありませんね。余震も早く収まってほしいものです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。