若い大工は頼りになります

最近、若い人があまり職人になりたがらないと言われてますが、アクアスの仕事をしてくれてる職人さんには、若くて頼りになる人がたくさんいます。そのうちの一人が、緑川大工です。緑川さんは10人位の大工さんを抱えている会社のリーダーですので、本当に頼もしい存在です。



今日は杉の子幼稚園さんのウッドデッキを、大工さん3人で、たった一日で一気に作り上げて下さいました。

 

子供さん達に危なくないよう、ビスは裏側から止めて、表側に金属が出ないように配慮して下さってます。

 

夕方は、別の現場があったため私は確認に行けなかったのですが、緑川さんと同年齢(30歳)の小窪貴志が監督として協力し、一緒になって完成させたそうです。明日、確認に行ってみたいと思います。

これからはやはり、若い人達の時代になって来ますので、緑川さんと小窪貴志のコンビは、是非とも活躍してほしいです。私の役割は、彼らが活躍出来る仕事の場を見つけて来る事でしょうね。

それから話しは変わりますが、杉の子幼稚園さんは、放射能の問題にも早くから取り組まれていて、園邸の入れ替えもかなり早い時期に実施されてました。そして、デジタル表示の線量計が園邸にあったのには、驚かされました。



0.167マイクロシーベルト/アワーですので、普通に生活しても問題ない数値です。杉の子幼稚園さんは、プリムラ保育園さんと同じく、子供さんの事を考えた取り組みが評価され、入るのが難しい位、人気があるみたいです。アクアスも、建築・設備工事から、子供さんに良い環境を提供出来ます様、精一杯のご協力をさせて頂きます。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。