がれきの山

震災によって被害を受けたお住まいの工事をする際、大量の建築廃材が発生してしまいます。通常でしたら産廃処分場に持って行きますので高い処分費用が掛かってしまうのですが、震災後すぐ、須賀川市が牡丹園に隣接した場所を建築廃材の受け入れ場所にして下さり、この時の迅速な対応によって、市民は大変助けられました。

そしてこの対応は今でも続いてまして、こんな状態になってます。これは木材の山です。



そしてこれも同じく、木材の別の山です。



それからこの時、私が処分に行ったコンガラ(コンクリートのガラ)の山はこれです。



受け入れと共に、最終処分場への運搬もしてました。



毎週、月~木曜が受け入れ可能日で、金~日が搬出の日になってます。これからも解体を始めとした工事が続きますので、牡丹園での受け入れを続けて頂き、被災された方の工事代負担軽減に貢献して頂きたいと思います。

一般市民の方は、須賀川市のこういった貢献を目にする事があまりないと思いますので、今日はその一端をご紹介させて頂きました。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。