和室改修

震災によって被害を受けていたのですが、事務所内という事で後回しになってました事務所2階の和室改修工事がほぼ完了しました。工事前の写真を撮り忘れたので比較は出来ないのですが、天井は抜けたまま、壁のクロスも柱の部分がねじれていた様で、かなり激しく傷んでました。それが、今日の段階でここまで修復出来ております。

 



壁面にはMPパウダーH(珪藻土)を塗ってますので、暖かくて快適な空間になってます。天井は換えてないのですが、近日中にボードを張り、その上にMPパウダーH(珪藻土)を塗る予定です。和室にMPパウダーを塗った時の空気や温かさを体感頂けますので、これから壁塗りを考えられている方にも、是非、ここで過ごして頂きたいと考えております。

壁面の模様は、こんな感じです。



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

そして今回は、大きな余震が来た時にも、MPパウダーの壁は割れたり落ちたりしないという事を証明するため、下地からキッチリと作り直してます。元々の下地は、ボードの縦張りだったので、その上に横張りボードを施工しました。



我々の仲間で新築をやってる会社では、必ず下地のボードを縦横の二重張りにしてるため、割れる事はないそうです。今回から、アクアスでもその施工方法を採り入れました。

そして、継ぎ目の処理もファイバーテープとパテで仕上げてますので、万全です。

 



これなら、相当大きな余震が来ても、壁面は大丈夫なはずです。余震は来てほしくないのですが、もしもの場合の備えとしての下地処理を検証していきたいと思います。機会があれば、このブログでもアップ致します。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。