スタッフルームも珪藻土塗り

震災復旧工事は、あくまで「お客様優先、自分達や事務所は後」という方針で取り組んで参りましたので、アクアス事務所でお客様がいらっしゃる事のない2階フロアは手付かずの状態でした。しかし、2月から少しずつ2階の復旧工事が進んでまして、今日は2階厨房の壁塗りを、熊耳(くまがみ)さんが楽しそうにやってました。



ボード面の凹凸やボードの継ぎ目は、GLパテとファイバーテープで平滑な面にします。



そして、パテの部分とそれ以外の部分とで水分吸収率の差によるムラが出ないよう、それから汚れが浮き上がって来ないように、ジョイントセメントとハイポリックシーラーを混ぜた液を塗って、下地とします。

その上に塗るのが、高機能塗り壁材:MPパウダーH(珪藻土)です。今回は、白で調色しています。



塗り方のパターンはコテ波残しのナチュラルです。

 

<画像をクリックすると、拡大して見れます>

熊耳(くまがみ)さん、壁塗りが始まると楽しくて仕方ないみたいで、手が止まりません。



そして塗り終わると、1Fの事務所で仕事をしてる私のところに来て「塗り終わりましたけど、あんなもんで良いですか?」と自慢げな顔で声を掛けて来ます。

自分の持つ高い技術力お客様のために振り向け、そのお客様から頂く喜びの声を浴びて、またそれを仕事の力に変えていく。熊耳さんの壁塗りは、MPパウダー(珪藻土)の価値を伝えていく上で、欠かせないものになって参りました。これからも多くの案件を頂いているだけに、熊耳さんの活躍は本当に楽しみです。、

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。