近くで見たらヒビ割れが・・・

昨年、ご用命頂きました「住まいの傾き直し工事」がキッカケで「おばさんの家の瓦が落ちてるので、工事してくれませんか?」というご依頼を頂いていたものの、天候の関係で延び延びになってましたI様邸の瓦屋根工事。下から見てる時は分からなかったのですが、今日、足場を設置した際に、念のため外壁をチェックしてみましたら、結構、クラックが入って傷んでました。



外壁を間近で見たら、こんな感じです。

 

そして、壁面を触ってみると、このように粉が付きます。



こういう現象を、我々は白亜化(チョーキング)と言ってまして、長年、紫外線や風雨に曝されて来た結果、塗装面が劣化し、塗料の色成分が粉となって顕れて来ている訳です。要するに「そろそろ、塗り直しの時期ですよ」という事ですね。お金の掛かる事ばかり、言いたくはないのですが、発見した以上、アドバイスするのも我々の役割だし、考えようによっては「どうせ、足場を設置したんだから」とも言えます。

車で通るだけだと「ブルーシートを張ったままの家も減って来たし、随分、復旧が進んでいるな」と思っていたのですが「誰に頼めばいいか、分からない」という方は、取り残された形になってるんでしょうね。屋根や外壁が傷んでいても、本格的に雨漏りして生活に不便を感じるようにならない限り、そのままで暮らされてる方が、結構、いらっしゃるみたいです。

アクアスに対するご依頼は、復旧工事から通常のリフォーム工事にシフトして来ているのですが、I様のように「一人暮らしをされてて、高いところのチェックが出来ない方に対しては、調査等で何らかのお役立ち活動をしていかないといけないな」と考え始めたところです。

復旧までの道のりは、まだ長く続きそうです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。