天外塾、最終講義

これまで半年間に渡って開催されて来ました天外塾(元SONYの開発者である天外伺朗先生の主宰)の、今日が最終講義でした。天外先生に対しては、直接お会いした事のない方は「硬い感じの人」というイメージがあるみたいですが、実際には茶目っ気たっぷりの方で、SONYの中でも結構、規則破りの常習犯(天外先生に言わせると、ギリギリの線で違反はしていないそうですが)だったみたいです。

 

この塾で目指してるのは、天外先生が唱えられている『フロー経営』を実践する会社を生み出していく事で、要するに「熱い集団作り」であり「何かトラブルがあった時でも、社員さん達が経営者視点を持った自主的な判断で解決を図っていける組織作り」という事です。言い換えますと「社員さん達が、やらされ感を持つのではなく、自ら進んで取り組んでいく内発的動機による会社運営」と言う事も出来るかと思います。

講義の中味については、ここでは触れませんが、人間の持つ本質的な部分に迫るものでありました。

そして最終講義が終わってからも、質問が尽きないものですから、近くの居酒屋に場所を移して延長戦です。



2時間半が経過しても話しは尽きず、残念ながら私は須賀川までの最終新幹線の時間が来ましたので、先に失礼しました。まだまだ、先は長そうな感じでしたね。



今回一緒に参加された方々とは、業界は違うのですが、これからも関係を持ち続け、いい意味で刺激し合っていきたいと思います。

天外先生、天外塾の皆さん:今回、ご一緒させて頂いた事を機縁として、今後も相談し合い、連絡を取り合って参りましょう。これからも宜しくお願い致します。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。