リビングの壁塗り

珪藻土の泥団子(消臭だま)作り教室にいらして、MPパウダー(珪藻土)の良さを体感された上で、リビングのリフォーム工事をご用命下さったA様。木工事・建具工事等が終わり、最後の仕上げに天井と壁の全面にMPパウダーHを施工しました。

壁面は、塗ったばかりなので乾燥していない濃い色のままですが、こんな感じの仕上がりになってます。天井は、白に調色しています。



これが、天井の円形模様です。



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

壁面でも同様に、こういうパターンが描かれてます。

 

<画像をクリックすると、拡大して見れます>

この模様は、奥様が「家庭内も含め、全てが丸くおさまる様に」という事で、採用されたパターンです。途中、何度も様子を見にいらしたご夫婦の様子から「既に丸くおさまってますよ」と言いたくなる位、同じ気持ちで工事の完成を楽しまれていました。

それから「玄関付近に少しだけ塗ってほしい」と言われた箇所がありましたので、ここは熊耳(くまがみ)さんによる初挑戦で、こういった縦模様のパターンを作成してます。(まだ、マスキングテープが貼ったままなのは、ご容赦ください)



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

明日の朝、少しだけ仕上げの手を加えてから、後は乾燥を待つのみとなります。

今回工事では、2重サッシも採用頂いてますので、MPパウダーH(珪藻土)を全面に塗ったリビングは「夏は涼しく、冬は暖かい、しかも熟睡出来る快適な空間」になります。梅雨の洗濯物が乾きにくい季節には、ここに部屋干しして頂いても、大丈夫です。「MPパウダー(珪藻土)を塗ると、どういう事になるのか」というお話しは、泥団子(消臭だま)作り教室の際に、お話しさせて頂いてますので「私が話した事とどれだけ一致しているか」という点の体感については、アフターフォローの際に確認させて頂きたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。