震災で発生した難しい問題

これまでにも、震災によって発生した難しい問題に取り組んで来ましたが、一年が経過した今でも、色んな問題が出て来てます。今日は、ちょうど今、工事中のN様邸排水工事について、ご紹介致します。ご相談下さったN様邸の裏手側は、震災直後、こんな感じになってました。

 

隣りの家からブロック塀が倒れて来て、このようにサイディングがへこんでしまいました。



そして、ブロック塀を片付けたら、石垣がN様の敷地までずれ込んで来て、排水路を潰してしまってました。(写真の右側から左側に押されてます)



隣りの家は壊して新築するという事でしたので「それまでの間、とりあえず排水だけは流れるように犬走りを短く打ち直し、N様の敷地内にずれ込んで来た石垣を壊してもらってからキッチリと工事をしましょう」という事になってました。がしかし、新築が建ってしまった今、実際には石垣は壊されず、境界線にブロック積みをしただけで工事が終わってしまいました。(下の写真では、右側がN様邸、左側のブロックの位置が元々の境界線です)



さて、狭くなってしまった排水からシッカリと水が流れるようにし、しかも強度を持たせないと、石垣が更にずれ込んで来る可能性があります。これを「どうやって工事しているのか」について、週明けの火曜には工事完了する予定ですので、完了次第、アップさせて頂く事にします。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。