頼もしい助っ人

今日の須賀川は、久々に暖かい日となりました。そしてその熱気と共に、私が待ちに待っていた頼もしい助っ人が、久々にアクアスへ戻って来て下さいました。その助っ人というのが、この人。曳家専門:五代目源右エ門の水野さんです。



水野さんのどういうところが頼りになるのかと申しますと、

曳家であると共に宮大工でもあり、建築を熟知している。

②非常に手の込んだ工芸品作りも出来る位に器用。そして、手の掛かる事を嫌がらない

③建築に関する不具合箇所を適確に見つけ出し、正確な対応策を打ち出せる。

『お客様本位』の考え方が徹底しているため、彼が手を掛けた現場はどんなに難しい工事になっても、必ず大満足を頂いている。

⑤仕事では、絶対に手を抜かない

今までも、工事が終わった後、お客様から細かい箇所の対応依頼を受けて私が困っていた時に、どれだけ助けてもらった事か。

今回は、愛知県から仙台に向かう途中だったのですが、私が「対応方法に苦しんでいる現場があるので、何とか立ち寄ってほしい」というお願いをしたら、本当に来て下さり、雨漏りや雨樋の不具合対応の指示を頂きました。

特に雨漏りの現場は「今まで他社で頼んでいた大工さんや板金屋さんが工事をしても、直る事がなかった」という難しい現場だったのですが、今回、私がご依頼を受け、水野さんが見事に対応策を提示下さいました。しかも、超安価な方法です。概算の見積金額をお知らせしたら、お客様も驚かれてました。

須賀川では、まだ震災で被害を受けたお宅の修繕工事が残ってますので、今しばらく、水野さんには須賀川でお仕事をしてほしいものです。

そして最後に、水野さんの最も良いところ。それは、いくら褒められても、おごる事のない点です。本当に力のある方だからこそ、おごる事がないんでしょうね。

春の訪れと共に、水野さんの他にも続々と、優れた腕を持った方々がアクアスにいらっしゃいますので、このブログでご紹介して参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。