やっと着手出来た復旧工事

東日本大震災において、須賀川地区で最も被害の大きかった場所の一つは、アクアス事務所から和田弥六内に抜けていく道に沿った緑町付近で、3月11日の震災当日は、こんなになってました。

 

  

この道路のすぐ脇にありましたM様邸では、この地滑りに巻き込まれるギリギリのところで被害を回避出来ましたが、地面の動きに影響されて、お住まいが傾いてしまってました。本来は早く復旧工事に着手したかったのですが、道路工事の完了を待ち、寒い季節を越えてからという事で、今日から「五代目源右エ門」の皆さんにご協力頂いて、工事を始める事となりました。

工事直前に再度確認して見ると、柱もこれだけ傾き、最も大きく沈んだ浴室付近は10センチの沈下でした。



施主様の息子さんは、以前、自動車部品の設計をされていたそうで、源右エ門さんの職人さん達の仕事のやり方や、どういう風に自分の家が元通りに戻っていくのかを楽しみにされているようです。水野さんや木全さんとの会話は、大きな刺激になると思いますので、工事については納得頂いた上で、進めて参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。