アルカリイオン水生成器の講習会

アクアスの本業であるリフォーム工事では、水廻り商品(トイレ・ユニットバス等)の工事がメインになり、メーカーとしてはTOTO品をおススメさせて頂いてます。TOTO品をおススメしている理由は、①派手さはないが地道で真面目な商品開発に取り組んでいる、②トイレの便器や水栓金具(蛇口)ではトップメーカーであり、アフターサービス体制も含め、最もシッカリしている、という事が挙げられます。

そして、福島第一原発の事故による放射能問題の発生後、政府の発表内容に対する不信感が募り、水に関しては「水道水を飲み続けても、本当に大丈夫なの?」といった気持ちを、多くの方が抱かれるようになりました。その事を反映して最近、ペットボトルの水を購入される方や、浄水器の水を飲まれるようになった方が、今まで以上に増えて来ました。

というお話しになると実は、TOTOが「美味しい水」を創り出す、いい商品を開発・販売しているんです。その商品名は『アルカリ7(セブン)』と言いまして、通常では半年から一年で交換しないといけないカートリッジを、7年間換える事なく使えるという大変経済的なものなんです。しかもその浄水機能は、通常の浄水器と比較すると格段に優れています。

「そんなに良いものがあるんなら」という事で、私からの要望に応える形で、TOTOの仙台にある東北支社から、商品技術課長の松田さんがアクアスまで来社くださり、講習会を開催頂けました。



『アルカリ7』を使用する事によって、お客様の身近なお悩みを解決してしまう事もありますから、皆、一生懸命に話しを聴いてます。

 

スケルトンの実機で説明してくれたり、



アルカリ7と水道水とで、浸透力を比較するテストをして下さったり、

 

専門的な話しでありながらも、大変分かりやすいものでした。

ここで少しだけ、この商品に使用されている専門的な技術をご紹介させて頂きますと、

①水道水中の赤さびや一般細菌を除去するのに、腎臓透析に使用しているポリサルホン樹脂中空糸膜(ちゅうくうしまく)として使用している。

②中空糸膜で除去した後は、炭素繊維と沸石(ゼオライト)で作った活性炭を通し、残留塩素・鉛・トリハロメタンといった有害物質を除去している。

③TOTOオリジナル技術である『無隔膜電解槽』によって、省エネを実現している。

以上の事が言えるかと思います。

そして何よりも、利用者メリットとして最大のポイントは「毎晩、活性炭を加熱処理する事によってクリーニングし、最後に蒸気を当てて清潔な状態に保っているため、カートリッジを7年間交換不要にした」という事です。現状の実際売価は12万円程度になりますので、1.5万円のカートリッジを7回交換すれば、ほとんど製品価格になります。これは、TOTOが不器用で商売下手な証拠でもあり、水に対する不安を抱かれた方にとって、最小のコストで安心感を買う事の出来る商材だと言えるのではないかと思います。

アクアスでは、スタッフ全員が説明出来るようにしてますので、水に関するお悩みやご不安を抱かれている方は、是非、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

アルカリイオン水生成器の講習会 への2件のコメント

  1. 村橋利行 より:

    安部専務様
    お世話になります。TOTO(株)村橋です。
    この度は講習会の機会を与えて頂きありがとうございます。
    ブログ拝見致しました。また、ご要望等ありましたら何なりとおしゃってください。
    以上

    • manager より:

      村橋さん。ご無沙汰してます。コメント、有り難うございます。私は、開発者の真摯に取り組む姿勢を直接見てますので、ハードだけでなく、製品に込められたソフトの部分をお客様に伝え、お客様の困った部分を解決するお役に立ちたいと考えております。それが『価値伝達』ですよね?村橋さんも、東北にいらっしゃる機会があれば是非、須賀川のアクアスにもお立ち寄り下さい。お会い出来ます事を、楽しみにしてます。