伊藤兄弟の養生の仕方

先週末(4/14)から、A様邸の全面MPパウダー(珪藻土)塗りをして下さっている伊藤兄弟。今日は、その養生の様子をご紹介させて頂きます。

養生というのは、工事の際、施工箇所以外を汚さないために保護するもので、あるリフォーム会社経営者の方が「仕事の出来栄えは、養生の美しさで決まる」と仰ってました。その言葉の通り、伊藤兄弟の養生は『美しい』です。今回も、こんな感じで養生してます。

 

 

脚立の足も、このように、床が傷つかない様、クッションシートで保護します。

 

それから、私が感心したのは、襖やサッシの養生です。この養生の、どこが違うか、お分かりになりますか?



通常でしたら、襖の上にビニールシート(私達が使っているのは『マスカー』です)をかぶせるように養生するのですが、伊藤兄弟の養生は、MPパウダー(珪藻土)を塗った後に湿気を抜いて乾燥させるために窓を開ける必要がありますから、片側が開けられるようになっているんです。

手慣れている事と改善の取り組みを怠らない姿勢が、このような美しい養生を徹底し、その結果として仕事の品質が保たれているんだと感心しました。明日以降も随時、A様邸の壁塗りの様子をアップさせて頂きます。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。