今日の釈迦堂川河畔

毎年、今の時期(4月中旬から5月上旬)の須賀川の風物詩として有名なのが『釈迦堂川の桜と鯉のぼり』です。アクアスが翠ヶ丘公園にありますので、会社周りの桜ばかりに目が向いていたのですが「鯉のぼりも、そろそろ見れる頃だよな」と思い、仕事のついでに釈迦堂川に行って参りました。

「福島県内の桜前線は、いわきから太平洋側を通って福島市に向かい、そこから郡山や須賀川に向かって南下して来る」というのが、いつものパターンです。そして須賀川の次には、会津で開花します。今年も例年通り、先週末には、いわきで桜が満開になり、福島市では今日が満開だったようです。そして須賀川の桜の名所:釈迦堂川は、こんな感じでした。

 

ここまで咲いてる花もあるのですが、全体としてみたら、次の写真のようにまだまだですね。

 

右上の写真の遠くに見えるのが、須賀川名物になった『鯉のぼり』です。これは、昭和62年に、ふるさと創生事業の一環として須賀川市が始めたもので、毎年全国に向けて「既に使ったものでも良いので、須賀川のふれあいロードに、鯉のぼりを泳がせましょう」という呼びかけをして、集めているものなんです。今年は、名古屋市の河村市長からも寄付の申し出があったと聞いております。今年も、写真に納まりきれない位、たくさん泳いでます。1000匹ほどが泳いでいると言われてるんです。



そして今度の日曜には、この釈迦堂川河畔で桜祭りが開催されるようで、会場の準備が進んでました。

 

天気予報によると今度の日曜は「曇りのち雨」となってますが、昨年は放射能騒動で花見も出来ませんでしたので、今年は何とか、雨にはならないでほしいものです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。