実家からの届け物

今日、私の実家(大分県宇佐市)から、懐かしいお菓子が届きました。宇佐地方には、毎年4月21日に開催されます弘法大師祭というものがあって『お接待』という呼び名で親しまれています。そして、その時に振る舞われるのが、今日送られて来た、このお菓子(お接待菓子)なんです。



では『お接待』がどういうお祭りなのかと申しますと、まず、この幟(のぼり)を目印に、子供達がお菓子袋を持って訪ねて行きます。



この幟が立っている家には、弘法様(空海)のお地蔵さんがございまして(私の実家にもあります)、縁側にこんな感じでおまつりしてるんです。



お地蔵さんの右下に見えるのが、お接待菓子です。子供達が、下の写真のように「弘法様のお地蔵さんにお参りすると、お接待菓子が頂ける」という子供達にとってはたまらなく楽しいお祭りなんですよ。勿論、お賽銭は不要です。(お菓子代は、お地蔵さんのある、各家の負担)



私は、おばあちゃんから「弘法様は、子供達を喜ばせるのが大好きだったから、こういう行事が残ってるんだよ」と教えてもらった記憶があります。この行事も、だんだん無くなって来つつあるようですが、子供達が楽しみながらお地蔵さんにお参りする習慣を身に付けるというのは、とてもいい風習だと思いますので、何とか廃れずに続いてほしいものです。そういう思いも込めて、社員さん達に「子供さん達にどうぞ」と、お持ち帰り頂きました。

須賀川にも、弘法坦に「弘法堂」がございますので、昔は多分、同じような風習があったものと考えられますが、既になくなっている様です。そういう記録が残っていたとしたら、復活出来たらいいのにな・・・なんて考えたりしています。

それから話しは全く変わるのですが、今日の翠ヶ丘公園周辺の桜の様子をご紹介致します。

今はまだ、5分から7分咲きといったところですね。

 

そして、アクアス前の通りで、紅梅・白梅・桜が一緒に見れる場所がありました。



桜の開花がイマイチですが、もう少し花が開くと「3種類の花が一度に楽しめる」という、絶好のスポットが、今年は現れるかも知れませんので、とても楽しみです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。