北九州土産

今日の夕方、帰省中の北九州から戻って参りました。今までは、職場への土産と言えば『博多通りもん』と決まってました。しかし「いつも同じものでも面白くないよな」と思いまして、今回は新たなものに挑戦です。

帰省中に発見したのは『炭坑(ヤマ)の記憶』という焼きチョコで、箱や包装袋に、画家の山本作兵衛さんが描いた絵が、印刷されてました。

 

福島も、いわきの炭坑が有名ですが、福岡の炭坑では、田川の筑豊炭田大牟田の三池炭鉱が有名なんです。筑豊炭田は、五木寛之氏の『青春の門』の舞台として有名で、三池炭鉱は『炭坑節』で有名なところです。「福島と福岡を結ぶ、共通点がありそうだな」という事で、早速、箱を手に取って見ると、何やら不思議なコメント書きが目に入って来ました。



「食べる時に衣服が汚れます」なんて書かれたお菓子、私は見た事がないです。焼きチョコの様ですが、多分、石炭のイメージで出来上がってるため、黒く色が付いてしまうんでしょうね。夕方、仕事が終わって職人さん達が事務所に帰って来てから「ワイワイ騒ぎながら食べるのも、盛り上がっていいよな」なんて考えて、買って来ました。私も食べた事がないので、どうなるのか、明日が楽しみです。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。