余震で壊れて来た!

東日本大震災で被害を受け、解体工事を予定している白河市のI様から「土蔵の壁がもの凄い音で落ちて来たので、隣りに迷惑を掛けるんじゃないかと心配になって来たから、見に来てほしい」という連絡が入って来ました。

朝一番に現地へ向かい、応急対応をやって凌ぐつもりだったのですが、現場に行ってみると、私の予想以上に傷みの進んだ状況になってました。下から見上げた写真が、これです。



当初、壊れた箇所をおおっていたブルーシートが、ほとんど役に立たない状態になってますので、それだけ、損壊が進んで来ているという事ですね。

少しだけ残っている漆喰壁も、落ちて来そうです。右側の白い壁の表面が、浮いてしまってますよね?(下の写真も、下から見上げて写したものです)



ここは隣家との間が狭いため、崩落すると、隣家の方にご迷惑をお掛けする事になってしまいます。特に隣りの家は、白河市の「歴史的風致形成建造物」の第一号の指定を受けている醸造蔵ですので、何かあったら大変です。



今回は、白河市の「損壊家屋等解体処理支援事業の補助」を受ける予定ですので、白河市の査定を待って白河市とアクアスが契約し、工事を開始するスケジュールにしていたのですが、余震の影響もあって、建屋が予想よりも早く傷んで来ましたので、隣家様にご迷惑をお掛けしそうな状況になって参りました。このままにはしておけないので、白河市へ直談判して来ました。

 



私が、写真を持って「このままだと、余震によって人に対する被害が発生する事態にもなりかねないので、白河市の査定を待たずに、着手させてほしい」という事を訴えましたら、責任者にも話しを通してくれ、OKの回答を頂きました。

I様も「隣りの方に迷惑が掛かってはいけないので、夜も眠れない位、心配で仕方ない」と仰ってましたので、少しは安心して頂けたかと思います。

これから、最短日程での工事着手を検討し、被害の出ないうちに工事を完了させてしまいたいと考えてます。

結果的には、私は今回「何をやった」という訳ではないのですが、I様の心の負担が少しでも軽減出来たなら幸いです。早く心配事から解放されます様、少しでも早く、工事を進めて参ります。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。