自然食宅配サービスが東北にも

放射能汚染の問題が報道されるようになり、多くの方々が食の不安を感じながら過ごされている事と思います。そんな中、これまで関東・関西・東海地区を中心に事業展開を行って来たRadish Boya(らでぃっしゅ ぼーや)が、東北にもやって来る事になったようです。

今日、仙台駅構内を歩いていると、こういうポスターが多数、眼に入って参りました。

 

<画像をクリックすると、拡大して見れます>

Radish Boya(らでぃっしゅ ぼーや)がどういうサービスをしているかという事を簡単にご紹介しますと、

①農薬や添加物の使用を最小限に抑えた、安全・安心な食材の会員制宅配サービス

②安全基準に関しては、国の基準よりも更に厳しい自社独自の「RADIX」という基準を設定し、自社のみならず、第三者機関でも検査を行っている。

③誰がどこで作ったものかというトレーサビリティが明確に示されている。

④次世代に残す地球環境保全に関する活動へ、継続して取り組んでいる。

以上の通りで、こういった考え方に共感する人の増加と共に支持者を集め、事業拡大を続けています。福島では、放射能汚染の問題で打撃を受けている農業事業者の方が、多数、いらっしゃいますので、そういう意味では大きな脅威ではありますが、今の状況を打破していく上での取り組みを示してくれているとも考えられます。福島の農業からも、同様なサービスが生まれて来ます事をお祈りしています。

リフォーム工事の際に、自然素材を取り扱うアクアスでも、Radish Boya(らでぃっしゅ ぼーや)の取り組みをヒントにして参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。