南湖公園

私の白河通いもかなりの回数を重ね、多くの方々とお話しをさせて頂いたのですが、日常会話の中でどうしてもついていけなかったのが『南湖(なんこ)公園』でした。という事で、お昼休みを利用して、足を伸ばして行って参りました。



南湖公園は、寛政の改革で有名な松平定信(12代白河藩主)によって築造された、日本最古の公園だそうです。松平定信候と言えば、暴れん坊将軍:江戸幕府第八代将軍、徳川吉宗の孫に当たる方です。公園の入り口に、松平定信候の銅像がありました。



翠楽苑(すいらくえん)には、地元の小学生が来てたみたいです。



南湖というのは、唐の歌人:李白の「南湖秋水夜煙無」から来てるみたいで、南湖の周辺には、江戸時代にここを訪れた全国各地の殿様が作った漢詩が、和歌と共に書かれてました。漢詩という点が、上級武士の教養を感じさせます。

 

<漢詩>              <和歌>

 

<漢詩>              <和歌>

南湖の景色も松並木も、見事です。

 

 

私は美味しいモノ好きですから「だんご」「白河そば」の幟も眼に入って来てます。次回訪問時は、美味しいお店の探索もしてみたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。