ロハスエンジニアがやって来た

先週の日曜に「日干しレンガ作り」のワークショップで知り合った日大工学部の大学院生3名様が、珪藻土の泥団子作りにいらっしゃいました。

彼ら3人は、日大工学部が目指している「ロハス」(地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共存共栄出来る持続可能なライフスタイルと、それを望む人達)の考え方に共鳴し、茨城・新潟・青森から郡山の日大に入学され、大学院まで進んで学ばれている学生さんです。

今回の目的は、アクアスが取り組んでいる100%自然素材の高機能塗り壁材:MPパウダー(珪藻土)について学ぶ事でした。

説明する私にも、真剣に学ばれる姿勢が伝わって参りました。



事務所内に塗っている壁にも触れて頂き、その上で、お待ちかねの泥団子教室の始まりです。皆さん、楽しそうに作って下さったのが、何よりでした。

 

 

若いだけあって、ポイントをしっかり押さえて下さってましたので、私が席をはずしている間に色粉を混ぜる工夫もされ、キッチリと仕上げて下さってました。ピカピカに出来上がりましたよ。

 



アクアスの考え方を取り入れる事により、日大工学部で取り組まれている「温度調整による快適空間の創出」といった事に「調湿」(湿気の調整)という考え方が組み込まれますから、更にロハスの実現に近付くものと思われます。ロハスエンジニアの皆様、ご訪問頂き、誠に有り難うございました。私の持っている知識と人脈を全て駆使してご協力させて頂きますので、これからも是非、よろしくお願い致します。またのお越しを、楽しみにしてます。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。