水捌け改良工事

お住まいの傾き直し工事と下水工事を完了し、道路と家との間の犬走り部分の水捌けが懸念事項になっていたM様邸で、コンクリの犬走り設置工事が始まりました。

M様邸は、3.11の東日本大震災で緑町の道路が完全に破壊され、約一年間通行止めになっていた場所に隣接してますので、通常のケース以上に慎重に水捌け工事をやっておかないと、再沈下の可能性が考えられます。という事で、この度、工事に着手する事となりました。

工事前は、道路側からの雨水も流れて来るため、雨が降るとこのように、必ず水が溜まってました。地盤もかなり弱くなっています。



そこで今回は、この部分にコンクリの犬走りを設置し、勾配を取り直す事で、排水溝に雨水が流れる様にします。

最初に配管工事を行い、

 

土を埋めて転圧機で地面を固めます



そして強度アップのためにも、基礎の部分に差し筋(さしきん)をします。

 

そして今日のところは、ここまでで終了です。



これから配筋し、その上でコンクリを流し込んで、水捌けを考慮した勾配を取って、固めていきます

そろそろ雨が多い季節に入って参りますので、出来るだけ早く完了するように、工事を継続していきたいと考えています。今回の工事が完了すれば、震災による被害を受けたお住まいも、とりあえずは安心して住んで頂けるようになります。当初は15センチの傾きと壁も倒れかけていたお住まいでしたが、ここまで直って来たかと思うと、私も感慨深いものがあります。明日、施主様にお会いし、お気持ちを伺って参りたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。