工事後の沈下確認

昨年の震災直後の4月より、五代目源右エ門さんによる住まいの傾き直し工事を、既に40件以上、実施して参りました。工事から一年以上が経過した案件に関しましては、その後、再沈下していないかどうか、五代目源右エ門さんと一緒に確認に回る事にしております。

今日はその初日で、南町のN様邸と青葉町のI様邸で調査を致しました。

下の写真のようにレーザーレベル計測機で確認します。五代目の髪が伸び過ぎてる点については「カットに行く暇もない位、忙しい」そうですので、気にされないでください。



実際に工事した箇所以外にも、1階全体にレーザーを当て、水平・垂直の状況をチェックしていきます。

 

ざっと見たところ、ほぼ水平・垂直は維持出来ているようです。そしてこの計測結果を、mm単位で平面図に落とし込んでいきました。



今日の調査は一旦、ここまでで、この資料の値と工事直後の値を比較し、それをレポートにまとめて後日、施主様にご報告致します。

今日の調査対象案件は、昨年の5月と7月に工事完了した案件ですので、工事後にも大きな余震が多数来ています。これによって再沈下していなければ、とりあえずは安心しても良いと言えるかと思います。

これからも引き続き、他の工事案件も調査し、より安心して頂けるように取り組んで参ります。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。