ふるかわパンさんの伝統道具

今日もいつものごとく、ふるかわパンさんへ『そぼろパン』を買いに行きましたら、珍しいものが眼に入って来ました。ふるかわパンさんでは、全て手作りのパンやクッキーが楽しめるのですが、今日はそこに何故か、落雁(らくがん)があったんです。



「もうすぐお盆だから、どこかから仕入れてるのかな?」と思って質問してみましたら「これもうちで作ってますよ」という答えが返って来ました。

私の常識では「こういうものは和菓子用の木型があって初めて出来るものなので、和菓子職人さんでないと作れないものだ」と考えていたのですが「実はうちも昔は和菓子を作ってて、木型がたくさんあるんですよ」とのお言葉でした。

という事で、落雁を作った木型を見せて頂きました。



<画像をクリックすると、アップで見れます>

 

もう少し、アップで写せば良かったなと反省してるのですが、かなり精巧に、そして上下の型がピッタリ合うように作られています。

この型製作は、相当に熟練が必要なものです。ふるかわ製菓さんの倉庫には、こういう型が多数、眠っているそうなんです。

ふるかわパンさんでも、いつかはこういった伝統の和菓子も復活させて頂きたいですね。でも今の私には、この『そぼろパン』が一番です。今日も、焼きたてを頂きました。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。