事務所内に掲示された地図

八戸から須賀川に戻って来ましたら、アクアス事務所に、最近では有名になって来たこういう地図が貼られていました。



皆さん、お分かりかと思いますが、福島第一原発の事故による放射能の拡散図です。この地図が3月14日時点で公表されていたら、どれだけたくさんの人達が被曝から逃れられたのかと思うと、これを見る度に、口惜しい気持ちになってしまいます。

中通り付近を拡大してみると、このように須賀川は辛うじて放射線量の比較的低い地域になっている様ですが、局所的に線量の高いホットスポットがありますので、常に注意は必要です。



<画像をクリックすると、拡大して見れます>

福島県の方なら、この分布図を見てピンと来ていると思いますが、この流れは『福島県内の桜前線の流れ』なんですよね。「浜通りから福島市に抜け、そこから中通りを南下して来る」というのが、自然な空気の流れになっているのかも知れません。

青森から福島に戻って来ると「日常的にこういう情報があるんだな」と改めて感じてしまいます。

福島で生活する我々は、起こってしまった事を今更どうこう言っても仕方ないので、こういう現実を踏まえて生活していくしかないのだろうと思います。福島の人達は、こういう苦しみを乗り越えられるからこそ課せられた課題なんだと前向きにとらえていくしかないですね。そして、多くの方々が福島を支援して下さっている事に感謝しなければなりませんね。

この地図を見る度に「厳しい現実直視からスタートしなければ、何事も解決しない」という言葉が、思い起こされます。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。