若い人達が、続々と参画してます!

長松院さんの改修工事で、設計的な検討に参画されていた佐藤さんが、東京乃木坂にある乃木神社の改修工事を終えたという事で、今日から私達の工事に参画下さる事になりました。今回、乃木神社の難工事を完了させたという事で、数ヵ月前にお会いした時よりも風格が出て来た感じがするのですが、気のせいでしょうか?



佐藤さんは、仙台市出身で20代中盤の若い設計士兼現場監督です。そして今日、チームアクアスにも新しい若い戦力が加わりました。地元須賀川市出身で30歳の建築士兼大工の緑川さんです。



緑川さんは、大手住宅会社の大工工事も請け負っており、腕がいいだけでなく、お客様の評価も高い大工さんです。アクアスも、リフォーム工事でいつもお世話になっています。

こういう、東北で生まれ育ち、建築の腕を磨いた若い人達が、今回の改修工事に携わってくれるという事で、住職様は、大変喜ばれてます。我々の工事は、終わった時は綺麗なのですが、数年が経過してから善し悪しが明確になって来るという性質のものなんです。従いまして、佐藤さんや緑川さんのような若い方々が、改修工事に関わってくれているというだけでも「将来的に、何かあっても、建物の事を良く分かっていて、シッカリと対応してくれる」という安心感があると思うのです。

私は、彼らを全面的にサポートする形で、若い人達に、思い切ってドンドン良い活躍をして頂きたいと考えております。明日からも益々、工事が楽しみになって参りました。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。