音姫内蔵ウォシュレット一体形便器

アクアスが最も多く、地域のお客様と接する機会になっているのが「水廻りの修理」で、トイレの修理から派生する便器交換は一般的なリフォーム会社と比較しても、かなり多い方ではないかと思います。特に先月から今月にかけては、月に10台位の交換実績になっています。因みに今日だけでも3台交換しており、事務所の倉庫にも交換待ちの便器があるような状態です。

それだけの実績がありながら、実は今日、初めて採用させて頂いたのが『音姫内蔵ウォシュレット一体形便器』なんです。



施主様は岩瀬地区にありますお寺様で、本堂に隣接したトイレが和式便器でしたので「ご年配の方が楽な姿勢でトイレをご使用出来るようにしたい」とのご希望から、このタイプの洋式便器に決定致しました。そして「少しでもエコになるように、節水タイプのトイレにし、出来れば音姫を付けて水の使用量を減らしたい」という明確なお考えを持たれてましたので、今回の商品選定をさせて頂いた次第です。

しかし恥ずかしながら、この商品に決まったのは実は私達のおススメではなく、施主様がTOTOのカタログをご覧になって決めて来られたんです。リフォーム会社の我々がお客様から「こういう商品があるんですよ」と教えられてしまいました。

音姫を付ける場合は通常ですと、便器と別売りの音姫(希望小売価格:19,800円)を施工するのですが、パブリック向けの一体形便器に音姫を内蔵したタイプだと、通常の一体形便器にプラス4,000円の希望小売価格という設定になっているんです。便器に詳しいつもりになっていた私達が、この事をお客様から教えられてしまいました。

工事に関しては、このような和式トイレだったのが、



このように、リモコン装置で音姫も操作出来るウォシュレット一体形便器になりました。そして少しでも楽にご使用出来るようにという配慮から手すりも施工させて頂きました。



ご覧になって頂ければお分かりのように、パブリック向けとは言いながら、実際のモノはGG1というTOTOで売れ筋の一般製品と同じものですので「ご家庭用で音姫を希望される方には、この商品は使えるな」と感じた次第です。4000円で音姫が付くのは、私も驚きでした。

今回の出来事で「私もまだまだ修行が足りないだけでなく、商品の勉強も足りていないな」と思い知らされました。

住職様と奥様も、訪れる檀家様達に喜ばれる事を楽しみにされ、今回の工事依頼となった次第です。今晩から、檀家様へのお披露目となるそうですので、ご利用される皆様から「実際に使用されてみてどうだったか」についての、ご意見もお聴きしたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。