檀家総代さん達が見学に

これまでにも、長松院さんで定期的に開催されて来た進捗報告会の際に、現場で工事の状況を確認頂いていたのですが、床下が見える状態になった事と、ジャッキアップをしたという事で、檀家総代さん達も気になって工事の様子を見学にいらっしゃるようになって参りました。

今日も、何名かの方が見学にいらして下さったようです。

見学者からの質問に対しては、魚津社寺工務店の佐藤監督が丁寧に対応して下さいます。

 

建て起こしや不陸に関する質問になったら、四代目源右エ門さんがお答え下さいます。



工事全体に関する質問や、工事の進め方に関するご意見は、杉本棟梁が現場事務所の中で話し合いに対応下さいます。



今日、頂いた意見も「本堂の床下部分を、いかに強固にし、長く使えるものにするか」といった課題に対する前向きなもので、檀家総代さん達も真剣に考えて下さっている事に、工事を行っている私達の責任の重さを感じた次第です。

「お寺は、檀家さんだけでなく、地域の方々のものでもあります」という住職さんのお言葉に従い、出来るだけ多くの方々に見て頂き、全員が納得する工事にしていきたいと思います。

カテゴリー: Live a Happy Life   パーマリンク

コメントは受け付けていません。